理学部

生物学科 紹介

生物学科のご紹介

分子レベルから生態レベルまで
幅広い領域を探究

東邦大学理学部生物学科では、分子や細胞レベルの生命現象を学ぶ生化学・分子遺伝学から、生物と生息環境との関わりを学ぶ生態学まで幅広く対応。基盤科目の上に応用科目を設け、興味・関心に沿った専門領域を追究できます。

ココに注目!

就職内定率97%

食品、製薬、化学工業、さらに自然系博物館や医療機器メーカーなど幅広い分野に就職。
※2019年3月卒業生実績

国家資格をめざせる
「臨床検査技師課程」

首都圏私大理学部で唯一、臨床検査技師国家試験の受験資格が得られる課程を設置しています。

男女比はほぼ5:5

約50%が女子学生。全国の理学部と比べてもかなり高い割合で、女性が学びやすい環境です。

教育の3つの特色

体系的総合的に学べる一貫した生物学教育

生物学の膨大な知識を着実に修得できるカリキュラム。1年次から生化学や分子生物学、生態学、系統分類学などの基盤科目を広く学んだ上で、専攻分野となる応用科目(演習や卒業研究)を選択できます。

充実した野外実習で自然を理解

1年次の野外基礎実習や2・3年次の野外生態学実習Ⅰ・Ⅱ、さらに国立大学の公開講座に参加できるプログラムなどがあり、さまざまな場所で野外調査を行い、動植物の生態に関する洞察力を養います。

個性や長所を生かせるクラス担任制の教育

学生6名程度を教員1名が担当するクラス担任制を採用。学習方法や進路の相談に細かく対応し、一人ひとりの個性や長所を尊重した教育・指導を実現しています。臨床検査技師をはじめ資格取得の支援も積極的に行っています。

気になる!将来の道

就職内定率約97%で、食品や製薬、
化学工業、医療関係など多彩な分野に就職。

生物学科の卒業生は、食品、製薬、化学工業、情報サービス、さらに自然系博物館や環境調査など幅広い分野で活躍しています。最近は治験機関や医療機器メーカーへの就職も増えています。また臨床検査技師などの資格取得に必要な科目が整備されている数少ない四年制大学であることから、こうした資格を取得して病院などの医療機関、検査機関に就職していく学生が多いのも特徴。公務員や中学・高校の教員になる人、また大学院へ進む人も増えています。

業種別就職率

就職希望者数67名
就職率97

取得できる資格
  • (中学校・高等学校)教諭一種免許状(理科) 
  • 臨床検査技師

その他にも取得できる資格があります。

主な就職先
民間企業

アイコンジャパン/アイロム/アコム/アドバンテックグループ/アリミノ/イセ食品/伊藤ハム/イノメディックス/インテック/エージーエーコーポレーション/エスアールエル/NBCメッシュテック/クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン/グラフィック/KSK/京葉瓦斯/江東微生物研究所/国際医療福祉大学/国際自動車/三幸学園/ジェーエムエーシステムズ/システムサポート/資生堂/ジブラルタ生命保険/シミック/新日本科学/大和ハウス工業/WDBアイシーオー/ちばみどり農業協同組合/テクノプロ テクノプロデザイン社/東京めいらく/東邦大学/日本化学工業/日本デキシー/日本ピュアフード/パーソルプロセス&テクノロジー/畠中鐵工所/秀工業/ホダカ/マルエツ/みずほフィナンシャルグループ/三井食品/三岩エンジニアリング/メディキット/メリーチョコレートカムパニー/ラピス/ロック・フィールド

病院

慶應義塾大学病院/杏林大学医学部付属病院/榊原記念病院/金沢文庫病院/同愛記念病院

官公庁・特殊法人

葛飾区/吉川市

学校

船橋市立湊中学校/市川市立南行徳中学校

約780社の企業と連携した就職サポートシステム

「キャリアセンター」を中心に就職委員と企業とが三位一体となって“キャリア形成支援”を行っています。個別相談の充実、多彩なガイダンスやセミナーの開催、インターンシップの実施、約780社の企業と連携した「TOHOアライアンス」など、個々の希望や適性を生かせる独自のサポート体制を整えています。