医学部

先輩インタビュー

在学生インタビュー

「医師の卵」としての自覚を持ち、ストイックに学ぶ。

3年 髙野 雅嗣 神奈川県・森村学園高等部出身(取材当時)

東邦大学医学部で身につけたのは、ストイックに学ぶ姿勢です。将来、患者さん一人ひとりと誠実に向き合うために、医師の卵としての自覚を持ちながら日々の勉強に取り組んでいます。
入学後は1年次に基礎医学と一般教養を学び、2年次からは演習で実際の医療に必要な知識を習得。そして3年次からはさまざまな実習や演習を通じて、疾患の知識や手術の技術などを専門的に学んでいます。特に印象的だったのは、実際の献体を解剖する「解剖実習」です。実際に人間の体に触れたことで、教科書だけでは得られない人体の仕組みを視覚的に理解することができました。東邦大学での学びを生かし、正しい知識と適切な治療で患者さんの不安を取り除くことができる医師になりたいです。

私の学び

特に興味を持ったのは、「航空宇宙医学」の授業です。宇宙空間や深海で人体のメカニズムにどんな変化が起こるのかといった最先端の研究について知ることができ、刺激を受けました。将来、こうした研究の成果が臨床の現場にも役立つかもしれません。