医学部

先輩インタビュー

卒業生からのメッセージ

臨床医として成長する日々を、
医学部での学びが支えています。

大学病院 研修医 森須 祥子
東邦大学医療センター大森病院 勤務(2017年 東邦大学医学部医学科卒業)

初期研修の2 年間で消化器内科や総合外科、救命救急などで経験を積みました。臨床実習と違い研修医は治療に介入できるので、指導医の患者さんを処置するほかアナムネーゼ(初診患者の問診)を担当、カンファレンスでは治療方針を発表しています。外科では手術現場にも立ち合い、臨床医として着実に成長している手応えを感じる毎日です。
やりがいを感じるのは、考えた治療で患者さんの症状が改善されたときです。そしていま、的確な治療方針を立てられるのは、大学の講義であらゆる疾患について学ぶとともに、その知識を実際の患者さんの病態把握を通して自分のものにしてきたからです。講義や実習の積み重ねの先に臨床医としての今があります。将来は、皮膚科医として、大学病院を訪れる患者さんを救えるよう、外科的な手技も含めて総合力を高めていきたいと思います。