看護学部

先輩インタビュー

在学生インタビュー

患者さんの気持ちに寄り添い、在宅看護の現場で活躍したい。

3年 横田 真優 東京都・昭和女子大学附属昭和高等学校出身(取材当時)

小学生の頃から看護師になりたいと考えていました。大学入学後は1、2年次に看護学の基礎を学び、3年次からは母性看護学、成人看護学、高齢看護学、在宅看護、精神看護学などさまざまな実習を経験しました。そのなかで、私は患者さんの近くでコミュニケーションがとれる在宅看護に興味を持ちました。
在宅看護では、ご家庭を訪問し、患者さんが病気と付き合いながら地域のなかで暮らしていくためのサポートを行います。病棟のように医療機器が揃っていない環境で血圧の測定や食事、服薬の管理などを行うため大変なことも多いですが、地域に貢献している手応えを感じました。
東邦大学で学んだのは、患者さんの意思や表現を大切にする姿勢です。患者さんに寄り添う心を持って、将来は在宅看護の現場で活躍したいです。

私の学び

看護学部にはさまざまなジャンルの文化・芸術に触れる「文化講座」というユニークな授業があります。私は「演劇」の講座を履修しました。看護師に必要なチームワークに加え、自分の看護観を見つめ直すきっかけになりました。