薬学部

先輩インタビュー

卒業生からのメッセージ

薬剤のプロフェッショナルとして
患者さんを支えたい。

大学病院 薬剤師 川上 達也
東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 勤務(2016年 薬学部薬学科卒業)

担当業務は、抗がん薬をはじめとする調剤全般。自ら患者さんに服薬指導を行い症状に応じて処方内容を医師と検討することもあります。服薬指導では、薬剤が必要な理由や副作用の説明も行います。丁寧な説明で、患者さんに安心して治療に臨んでもらえるよう心掛けています。
原点は在学中の病院実習や薬局実習。実習中に服薬指導を行い、「元気になれた」と患者さんに言っていただけたことにやりがいを感じました。大学で学んだことが実際の医療現場でも役立っています。例えば抗がん薬の副作用や薬剤の特徴、疾患に対する薬物治療の知識は大学で学んだ内容そのものであり、東邦大学での学びがいかに実践的だったかを実感しています。
現在の目標は、日本臨床腫瘍薬学会認定の「外来がん治療認定薬剤師」の資格を取得すること。薬剤師として担える領域を広げていきます。