薬学部

先輩インタビュー

在学生インタビュー

新薬を待つ患者さんへの想いを胸に治験業界に進みます。

6年 鎌田 ありさ 千葉県・千葉市立千葉高等学校出身(取材当時)

 私が医療人としての自覚を高めたきっかけは、病院実習です。医薬品の服用が生死に関わる方や、治療法が確立していない方など、多様な患者さんと接する際には、たとえ“実習”でもプロとしての知識や心構えが不可欠です。特に心のケアを重視する看護師の姿勢には心を打たれましたし、看護師をめざす学生と交流する中でも、患者さんの様子から気づきを得る気配りや洞察力の大切さを学びました。医師や看護師をめざす学生と意見交換できる環境も、東邦大学の魅力だと感じます。
卒業後は、医薬品開発業務受託機関に就職します。製薬会社と医師の間に立ち、新たな治療法の確立や創薬に向けて、治験をスムーズに進めることがミッションです。常に患者 さんの姿を思い浮かべながら、希望に満ちた笑顔を生み出す開発業務に貢献したいです。

私の学び

専門的で難解な科目もあり苦労もしましたが、仲間と教え合いながら理解を深めていきました。講義で身につけた基礎知識を実習で生かせる場面も多く、反復学習と実践的なアウトプットによって、知識を定着させることができました。