理学部

先輩インタビュー

卒業生からのメッセージ

データを扱うスキルや共同実験の経験が
今につながっています。

開発職 庵 翔太
NEC プラットフォームズ株式会社 ネットワークプロダクツ事業部 勤務
(2014年 理学部物理学科卒業)
(2016年 理学研究科博士前期課程物理学専攻修了)

現在の仕事は複数の会社や拠点で電話会議ができるビジネスフォンの主装置の開発です。入社前から続く共同開発プロジェクトで、私は他社との連携役から始まり、少しずつ開発アイテムを任されるようになりました。2年目に開発した機能が入った商品はすでに発売されていて、目には見えなくても私が手がけたものが世に出ていることにやりがいを感じています。
ビジネスフォンに興味をもったのは、学生時代には縁のない商品だったからです。もともと未知の世界に魅かれるタイプで、東邦大学を選んだのも私立大学の中で宇宙系の研究ができる数少ない大学という理由でした。素粒子研究のデータと現在の開発に使うデータは扱い方が似ていて、培ったスキルが役立っています。また他大学の学生と一緒に共同実験と発表を行った経験も、いま社を代表する立場として他社との協働に生かされています。