専門領域
  • 基礎看護学研究室

    菊池 麻由美 教授 / 小坂 志保 准教授 / 渡邉 奈穂 講師

    看護学を学ぶ入り口です

    あなたはʻ 看護ʼとは何? ʻ 看護職者ʼ とは誰?と考えたことがありますか?基礎看護学研究室では、「生き、生活し、人生をおくる人々を支えること・ひと」を追求しています。また、看護職者に求められる「知識」「技術」「態度」を探求、修得しはじめた学生に伴走し、共に成長しあうことをめざしています。

  • 高齢者看護学研究室

    横井 郁子 教授 / 藤野 秀美 准教授 / 橋本 裕 講師

    高齢者の身体を支え、心を支え、生活を支える

    高齢期にある方々の健康課題への支援について、さまざまな高齢者と出会い関わりながら学習していきます。そして、今まで培ってきた暮らし・生き方を尊重する看護について深めていきます。

  • 家族・生殖看護学研究室

    富岡 由美 教授 / 中田 かおり 講師 / 渡邉 幸恵 講師 / 加藤 知子 講師

    家族の誕生と次世代を支援する看護師・助産師の育成

    子どもを産み育てる時期の女性と家族に対し、より良い妊娠、出産、育児ができるように支援するための教育・研究活動をしています。出産・育児を取り巻く社会環境の整備などの政策についても学び、社会資源を活用した支援ができる看護師・助産師(大学院教育)の育成をめざします。

  • 公衆衛生看護学研究室

    岸 恵美子 教授 / 望月 由紀子 准教授 / 坂本 美佐子 講師

    地域の人たちとともに健康向上に取り組む公衆衛生看護

    地域で活動する保健師は、住人たちがその人らしく健康的に生活できることをめざし、健康増進や病気の予防に関する看護活動を行っています。公衆衛生看護学では、行政や産業、学校、地域包括支援センターなどにおける看護を学びます。

  • がん看護学研究室

    村上 好恵 教授 / 山下 尚美 講師

    がんになってもその人らしい生活を

    治療法の進歩によって「がん=死」ではなくなっている現在。がん治療を受けながら生活を送っている人に生じている「からだ」「こころ」「生活」の変化を支え、がんになってもその人らしく生きることができるようなケアの探求と質の向上をめざしています。

  • 成人看護学研究室

    原 三紀子 教授 / 原沢 のぞみ 准教授 / 佐藤 由紀子 講師

    社会的役割を担っている成人期の方々を支える

    さまざまな健康レベルにある対象を包括的(ホリステック)な観点からとらえ、患者の理解を深めることやQOLを高める看護のあり方を追求します。また、看護専門職としてのあり方を探求するために、看護師や看護学生を対象とした研究を行っています。

  • 小児看護学研究室

    荒木 暁子 教授 / 河上 智香 准教授

    未来を担う子どもの健やかな育ちを支える

    慢性疾患や医療的ケアのある子どもと家族への支援に関する研究を行います。子どもの健康問題の有無に関わらず、子どもと家族を対象とした支援を追求します。子どもの権利を守り、育ちを支えるとともに、家族への支援をめざします。

  • 精神看護学研究室

    伊藤 桂子 教授 / 後藤 喜広 講師

    「こころの健康」の維持と回復支援のために

    精神看護学は、こころの健康について援助を必要としているすべての人々を対象としています。こころの問題を抱える人々が自律性を回復して、社会的資源を活用しながら、その人らしい生活を送るための支援を追求します。

  • 在宅看護学研究室
  • 国際保健看護学研究室
  • 基礎看護学研究室

    菊池 麻由美 教授 / 小坂 志保 准教授 / 渡邉 奈穂 講師

    看護学を学ぶ入り口です

    あなたはʻ 看護ʼとは何? ʻ 看護職者ʼ とは誰?と考えたことがありますか?基礎看護学研究室では、「生き、生活し、人生をおくる人々を支えること・ひと」を追求しています。また、看護職者に求められる「知識」「技術」「態度」を探求、修得しはじめた学生に伴走し、共に成長しあうことをめざしています。

  • 成人看護学研究室

    原 三紀子 教授 / 原沢 のぞみ 准教授 / 佐藤 由紀子 講師

    社会的役割を担っている成人期の方々を支える

    さまざまな健康レベルにある対象を包括的(ホリステック)な観点からとらえ、患者の理解を深めることやQOLを高める看護のあり方を追求します。また、看護専門職としてのあり方を探求するために、看護師や看護学生を対象とした研究を行っています。

  • 高齢者看護学研究室

    横井 郁子 教授 / 藤野 秀美 准教授 / 橋本 裕 講師

    高齢者の身体を支え、心を支え、生活を支える

    高齢期にある方々の健康課題への支援について、さまざまな高齢者と出会い関わりながら学習していきます。そして、今まで培ってきた暮らし・生き方を尊重する看護について深めていきます。

  • 小児看護学研究室

    荒木 暁子 教授 / 河上 智香 准教授

    未来を担う子どもの健やかな育ちを支える

    慢性疾患や医療的ケアのある子どもと家族への支援に関する研究を行います。子どもの健康問題の有無に関わらず、子どもと家族を対象とした支援を追求します。子どもの権利を守り、育ちを支えるとともに、家族への支援をめざします。

  • 家族・生殖看護学研究室

    富岡 由美 教授 / 中田 かおり 講師 / 渡邉 幸恵 講師 / 加藤 知子 講師

    家族の誕生と次世代を支援する看護師・助産師の育成

    子どもを産み育てる時期の女性と家族に対し、より良い妊娠、出産、育児ができるように支援するための教育・研究活動をしています。出産・育児を取り巻く社会環境の整備などの政策についても学び、社会資源を活用した支援ができる看護師・助産師(大学院教育)の育成をめざします。

  • 精神看護学研究室

    伊藤 桂子 教授 / 後藤 喜広 講師

    「こころの健康」の維持と回復支援のために

    精神看護学は、こころの健康について援助を必要としているすべての人々を対象としています。こころの問題を抱える人々が自律性を回復して、社会的資源を活用しながら、その人らしい生活を送るための支援を追求します。

  • 公衆衛生看護学研究室

    岸 恵美子 教授 / 望月 由紀子 准教授 / 坂本 美佐子 講師

    地域の人たちとともに健康向上に取り組む公衆衛生看護

    地域で活動する保健師は、住人たちがその人らしく健康的に生活できることをめざし、健康増進や病気の予防に関する看護活動を行っています。公衆衛生看護学では、行政や産業、学校、地域包括支援センターなどにおける看護を学びます。

  • 在宅看護学研究室
  • がん看護学研究室

    村上 好恵 教授 / 山下 尚美 講師

    がんになってもその人らしい生活を

    治療法の進歩によって「がん=死」ではなくなっている現在。がん治療を受けながら生活を送っている人に生じている「からだ」「こころ」「生活」の変化を支え、がんになってもその人らしく生きることができるようなケアの探求と質の向上をめざしています。

  • 国際保健看護学研究室