理学部

先輩インタビュー

卒業生からのメッセージ

臨床開発の現場で、
患者さんが良くなる喜びを感じています。

臨床開発モニター 松浦 梨恵
エイツーヘルスケア株式会社 臨床開発第1本部 臨床開発第1部モニター 勤務
(2013年 理学部生物分子科学科卒業)
(2015年 理学研究科博士前期課程生物分子科学専攻修了)

エイツーヘルスケアはCROと呼ばれる医薬品・医療機器開発業務受託機関で、ITを活用した臨床試験のフルサービスに強みを発揮しています。私は入社以来ずっと医療機器の臨床開発を担当し、治験が適切に行われるようモニタリングする業務を行っています。体内に入る高度な医療機器ですので安全性確認のための治験期間が比較的長いのですが、その分市場に出たときの喜びも大きく、やりがいを感じています。また、医療機器がどのようなメカニズムで体内に効果をもたらすのか、治験を行う医療機関の医師などにしっかり説明できる点に、学部や院での学びが生きていると実感しています。
職場には東邦大学の先輩や後輩も多く在籍しているので、心強く、とても働きやすい環境です。

  • 新しい薬や医療機器開発の最終段階で、多くの患者に使用してもらい、その効果と安全性を確かめること