理学部

先輩インタビュー

在学生インタビュー

放線菌から医療用物質を生成する創薬研究に挑戦。

4年 荒井 瑠星 千葉県・県立鎌ケ谷高等学校出身(取材当時)

多彩な実験を経験でき、自分で手を動かしてミクロな変化を目で見て確かめられる。この実践的な授業が生物分子科学科の特長です。私はDNAの抽出やDNAを使って大腸菌に遺伝子を組み込む実験に挑戦しています。学びを深めていくなかで創薬への興味が高まり、分子生物学部門の藤崎研究室に所属しながら薬学部の研究室で微生物をもとに創薬につなげる研究をしています。
取り組んでいるのは、放線菌と呼ばれる細菌が生成する抗生物質の合成に関わる酵素の研究です。放線菌の代謝経路を改編して、効率的に目的の医療用物質をつくらせています。まだ薬学の知識は乏しい部分もありますが、臨床検査技師課程で学んだ抗生物質の知識も生かせています。
卒業後は大学院に進み、これまでの経験をもとに、将来は製薬会社での研究・開発職や、臨床検査技師の資格を生かせる道に進みたいです。

私の学び

私は黙々と論文を読んだり、実験に打ち込むことが自分に合っていると感じています。チームで課題に取り組む際にも確実に自分の役割を果たせるよう、遺伝子工学や創薬、放射線生物学など、幅広い分野を学びながら、将来の可能性を広げていきたいと思います。